MENU

危険?LUNA(ルーナ)サプリプレミアムの飲んではいけないケース

 

バストアップや生理痛の軽減など、女性に嬉しいLUNA(ルーナ)プレミアムですが、飲み合わせや体の状態によっては危険を生じる可能性があります。
以下の注意点をしっかり確認して、安全に服用できるよう気をつけてくださいね。

 

ピルとの併用はNG!体調不良を招く

ピルは避妊目的の服用が一般的に知られていますが、生理不順や生理痛などでもお医者さんから処方されるお薬です。
ピルは血液中の黄体ホルモンを増やすことで排卵が済んだ状態であると脳に錯覚させ、月経を止める効果があります。

 

一方LUNA(ルーナ)は女性ホルモンに働きかけて月経不順などを改善しようとするので、併用すると女性ホルモンのバランスが取れなくなってしまい、体調不良を招く可能性があります。
お医者さんからピルを処方されている間は、そちらを優先し、LUNA(ルーナ)プレミアムの服用は必ず避けるようにしてくださいね。

 

婦人科系の病気を患っている場合はNG!

子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人科系の病気は、女性ホルモンが大きく関わっていることが多いです。
(子宮筋腫は女性ホルモンによって大きくなる病気で、子宮内膜症は月経周期を重ねるごとに大きくなる病気です。)

 

LUNA(ルーナ)プレミアムはイソフラボンやエクオールといった女性ホルモンに働きかける成分が入っているので、婦人科系の病気にどのような影響を与えてしまうかはっきりとは分かっていません。
婦人科系の病気を患っている場合は、悪影響があるかもしれないので、LUNA(ルーナ)プレミアムなどの女性ホルモンに働きかけるサプリは服用しないようにしてください。

 

妊娠中・授乳中はNG!


妊娠中や授乳中は、ママが食べたり飲んだりしたものが赤ちゃんにも届いてしまいます。
アルコールやタバコなど、妊娠中や授乳中には控えた方が良いものがたくさんありますが、LUNA(ルーナ)プレミアムの成分も赤ちゃんにとっては良くありません。

 

大人の女性には嬉しい植物抽出エキスや美容成分、ローヤルゼリーなども、生まれたての赤ちゃんには必要なく、危険性の方が高い場合もあります。
妊娠中・授乳中のママは、赤ちゃんのことを考えてLUNA(ルーナ)プレミアムの服用はしないようにしてくださいね。

 



 

関連記事

LUNA(ルーナ)サプリプレミアムには副作用はない?

このページの先頭へ